フリーランスのメリットデメリット

###Site Name###

長年会社勤めをしてきて自分の技術を磨いたのであれば、退職をしてフリーランスとして働くようにしてもいいでしょう。

会社勤めをしているときよりもさらに自分の力を生かして働くことが出来るようになりますし、自分が稼いだお金はすべて自分のものになりますので、会社勤めをしていたときよりも、たくさんのお金を稼げることもあるでしょう。


自分の力を試すためにも、フリーランスとして働くことは、やりがいをもって働くことが出来るようになります。
しかし今までよりも儲かる可能性もありますが、現実的に考えれば、今までよりも収入が下がる可能性があることも忘れてはいけません。会社員であれば、毎月決まった金額を給料としてもらうことが出来ますが、フリーランスの場合は、仕事がなければ給料を手にすることが出来ません。



まったく仕事がない月には、一円も入ってくことはなく、経費ばかりがかさんでいくことになりますので、大赤字になることだってあるのです。
儲かった月には、儲からなかった月のことも考えて、うまくお金を回していくようにしなくてはなりません。



毎月ある程度の儲けが出るようにするためにも、会社員時代から人脈を作っておくことも大切です。


なんの人脈もない状態でフリーランスになってしまえば、いきなり仕事がない状態になってもおかしくはないでしょう。



仕事が途切れないようにするためにも、ある程度のめどをつけてから退職をするようにしたほうが軌道に乗せやすくなります。